Petit

あたらしい教科書 13 古典芸能

こんな顔ぶれ見たことない!
市川亀治郎(歌舞伎)、茂山宗彦(狂言)、味方玄(能)、豊竹咲甫大夫(浄瑠璃太夫)、 桂文我(落語家)、立川志らく(落語家)。
超豪華トップランナーがナビゲートし、翻訳家・金原瑞人が監修した、わたしたちにもわかる古典芸能の教科書。

なんとなく「敷居が高そう」で、「知識がないと楽しめない」と思ってしまう、古典芸能。 でも、何百年と人びとの心を動かしてきただけあって、その面白さは歴史がお墨つき。
『あたらしい教科書 13 古典芸能』では歌舞伎、狂言、能、文楽、落語……それぞれ独自の表現方法で、 人間の本質を描いたこれらの芸能の楽しみ方を、第一線で活躍する人びとの魅力と、 各ジャンル、最低限押さえておきたい8つのキーワードとともに解き明かしていきます。
まずは、カジュアルに古典芸能を楽しむために…… これまでの入門書でも触れられることのなかった基礎情報と、 難しいお勉強の代わりにたっぷりの魅力をつめこんだ、「入門の入門書」です。
コラムにはいとうせいこう氏が登場! 必見です!!

書        籍        名 『あたらしい教科書 13 古典芸能』
著                 者 ■監修:金原瑞人
■アートディレクション:SOUP DESIGN
出        版        年 2007/04
版                 型 19.8cm x 14.2cm/144ページ
I      S      B     N 978-4903267548
定                 価 1.575円(税込)