Petit

「Petite bibliotheque classique#1 生きるための文学」



生きることに悩み、その意味を問い続けたなかで、彼らが見つけた答えが、
どの収録作品にも散りばめられています。

収録作品
・坂口安吾「風と光と二十の私と」          ・有島武郎「小さき者へ」
・宮本百合子「生活のなかにある美について」   ・梶井基次郎「Kの昇天」
・高村光太郎「智恵子の半生」            ・中原中也「亡弟」
・堀辰雄「窓」

■広げやすさ、本の軽さと文字組みの読みやすさにこだわった造本。
■一晩で1篇読みきれるボリューム。喫茶店や自宅以外での読書にも適しています。
■誰もが知る名著を集めているので、入学や就職のお祝い、お世話になった方への贈り物にも喜ばれます。
■各巻ソフトケース函入ソフト上製/160ページ
ISBN:978-4-903267-55-5

「Petite bibliotheque classique」とは?
プチグラ初の文芸シリーズが登場!
あたらしい読書の時間を提案する、日本文学の新アンソロジーシリーズです。
忙しい毎日のなかで、なかなか本を読む時間がとれない、という学生、社会人の方々のなかで、大きな流行となりつつあるのが「朝の読書」ならぬ「夜寝る前の読書」。
一日のうちで、もっともリラックスした時間だからこそ、向き合えることがあります。かつて教科書で出会った作品を今改めて読み返すことで、また新たな感動が呼び起こされるかもしれません。図書館で日が暮れるまで童話や冒険小説に夢中になった人、あるいは社会に出て、ようやく本をゆっくり読めるようになった、という方に。いつでも、どこにいても、本を広げれば古今東西の新しい世界がそこから始まります。